仕事による違い

司法書士と言う資格があることをご存知でしょうか。司法書士の資格は法律関連の仕事を行うために必要となります。法律関連の資格には他に、弁護士や行政書士があります。これらの仕事は同じ法律関連の仕事ですが、それぞれに得意分野や専門領域が異なりますので注意が必要です。司法書士は不動産登記や商業登記を担う仕事です。不動産登記とは、不動産が誰の所有なのかを法的に担保するものです。法務局に対し、その不動産の権利移動等について届け出を行うのです。その申請を代理できるのが司法書士と言う仕事なのです。商業登記は会社設立の登記等を指します。これも法務局に対して申請を行います。このような仕事は弁護士や行政書士はすることはできません。司法書士に特有の仕事なのです。

司法書士資格を獲得し、自分の事務所を開いて司法書士として仕事を始める人が多くいます。そのような人たちは特に、最初の顧客獲得が重要になります。初めて事務所を開くような場合にはコネがありません。コネや人脈がないので自分から営業しなければならないのです。お客様を獲得するためには非常に大きな努力が必要となります。そういった能力も司法書士の能力の一端となります。最近の司法書士はインターネットを活用してマーケティングを行っているようです。インターネットではブログやホームページ等を格安で解説することができます。そのようなブログやホームページを作り、そこで情報発信を行うのです。情報発信を行うことによってお客様を獲得することにつながっていきます。