一年間勉強する

司法書士になるためには資格取得が必要となります。資格取得をしない限り司法書士として働くことはできません。少々強いの試験は1年に1回あります。そのため、不合格になってしまいはさらに1年後の試験を目指すことになります。ですから、まずは試験のスケジュールを確認して自分の学習計画を立てることが重要です。試験まであと何ヶ月あるのかを逆算して、それまでにどのようなことを確信すればよいのかということをきちんと把握するようにしてください。試験の範囲や問題数、さらにどのような問題形式なのかを確認する必要があります。司法書士の資格試験では、記述の問題も出題されます。そのための対策もしなければなりません。まずはどのくらいの時間が残されているのかを確認するようにしましょう。

司法書士の資格取得をするためには独学でも勉強することができます。しかしながら多くの人が予備校に通っていますので、司法書士資格を目指せる予備校に通うことをお勧めします。予備校に通うことによって資格取得のためのモチベーションが上がります。なぜならば、予備校に通う人たちは司法書士資格を目指す受験生だからです。同じ志を持った仲間に多く出会います。俺は独学にはない良さだといって良いでしょう。ですから、出会いを求めて予備校に通うと言うことも合格には必要な要素の1つとなります。もちろんお互いを高め合う関係でなければなりません。苦しいときにはお互いに励ましあい、難関資格である司法書士資格を目指せる関係が望まれます。